私が結婚相談所選びで最も苦労したこと

私が結婚相談所選びで最も苦労したことは、会社経営をしていて、マスコミにも顔がでることがあったので、地方でテレビで私を見たことがある人は、きっとイロメガネでみられるだろうなあという不安がありました。

大きくて結婚相談所を選ぶべきか、そして結婚相談所では、当時、すごく入会金が高かったと思います。どんなビジョンを持って結婚相談所をしているのかということを私はとても知りたかったので、結婚相談所およそ5?6社ぐらい歩いて見てみました。

最初は地場で硬い経営をなさっていらっしゃった大進にするか、当時、東京エビスにあったJALのパイロットさんの結婚相談所にするか悩みました。

当時は30歳を過ぎると結婚相談所の方のコーディネートの態度も、さり気なく、もう私の年齢が若ければいい人がいたのにといった言葉が飛び出したりした時、私は、悲しくなりました。そこで私の気持ちが変わったのです。私のことを知ろうとしてくれて、一生懸命に結婚に至るように頑張ってくれる人いる所がいいと思いました。

お見合い相手の人柄や仕事も大切だけれども、それより誠実で温かな心を持っている男性、私のことを守ってくれる男性を紹介してくれる結婚相談所のコーディネートが嘘をつかないか、一生に一度の結婚をこの人、この会社に預けられる結婚相談所にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です