3分間トークに苦労した婚活体験談

私が婚活で苦労した体験談を紹介します。

30歳で彼氏もいないことに焦りを感じ、婚活することにしました。

婚活パーティーに何度か参加しましたが、毎回とても疲れました。

沢山の人数で合同お見合いのようなものです。

ローテーショントークというものに苦労しました。

目の前の男性と3分会話して、男性がローテーションしていき、男性全員と3分間トークするというものです。

この3分で男性に印象に残らなければ、フリートークで誰も話してくれません。

元々、初対面の人と会話するのが苦手です。

それなのに、たった3分間で楽しく会話なんてできません。

初めて参加したパーティーでは、誰にも気に入って貰えませんでした。

まず、外見もキレイにして自分に自信を持とうと思いました。

ダイエットをしてモテるメイクや服装を研究しました。

そして3分間トークです。

トークに入る前に、必ずプロフィールを書きます。

絶対に空欄を作らないようにしました。

このプロフィールがきっかけで会話が弾んだり、男性の印象に残ることができました。

最終的には化粧は好きじゃない、会話はリードしてくれる男性と結婚できました。

苦労の成果は出ていないかもしれませんが、3分間トークが一番苦労したことでした。

年齢的に会ってもらうまでが大変です

私は自分で言うのもなんですが、見た目年齢が若いと思います。それにそれなりにファッションやヘアメイクにも気を使っていますし、若作りで痛々しいものではなく、年齢に応じた美を身に付ける努力をしています。でも実年齢がアラフォーというだけで、まず相手の方が検索する段階できられてしまうことが多いのです。

条件的によいなと思う人に申し込んでも、相手からごめんなさいをされるのです。

やはり男性は若い女性が好きなのですね。

たまに私のプロフィールだけを見て申し込んでくれる人はアラ還とかそれ以上の方だったりして、婚活というよりは、介護相手を探しているような雰囲気でした。

最初は怖いので写真を公開しないようにしていたのですが、担当の方のアドバイスで、私のように、見た目に気をつけている女性は写真をどんどん公開していくか、ネットやコンピューター上の出会いではなく、実際に会えるパーティーなどのほうが良いと勧められて、途中からは信頼できるサービス会社では写真を公開するようにし、申し込んだり申し込まれたりする方式ではなく、自由にできるお見合いパーティーを利用することにしました。

こうすることで、年齢というハンデはありましたが、年齢というたったひとつの条件だけで相手からNOと言われて傷つくことは少なくなったのではないかなと思っています。

私の婚活苦労話

当時、会社の事務員として働いていた私。

職場は自宅から自転車で行ける距離で、まさに職場と自宅の行き来だけで1日が終わる感じでした。

また、職場には男性がほぼ居ない、居ても既婚者、かなり年上の方ばかりで異性との出会いが本当にありませんでしたが

当時の私は「いつか運命と呼べるような相手と出会うだろう」と思い気にしてませんでした。

しかしだんだんと結婚、出産と人生のステップを踏んでいく友人が年齢的に多くなり「このままではいけない」と思い、

婚活することにしたのです。

そこで数ある婚活サービスの中で私が利用したのは某大手ポータルサイトの出会い系でした。

ここからが苦労しました…。

まず自分のプロフィールに何を書けばいいのか分からない!上手に書いていらっしゃる方を参考にしつつ、汗だくになりながらプロフィールを作成しました。そして次に相手へ希望する条件にチェックを入れて検索。そして見つかる数の多い事!絞り込むのも大変でした…。そして一番大変だったのはプロフィールから相手がどんな人なのかを考え、メッセージを送る作業です。

プロフィールをとても丁寧に、そして感じ良く書いてあり「この人はきっと良い人のはず」と思った人でも、いざサイト内でメールのやり取りしてみると…返信がかなり遅かったり、誤字脱字、文の書き方がちょっと期待外れな方も居ました。

また顔写真を載せていない方も居たのでメールでのやり取りだけして実際に会ってみたら…

「あれ?メールで書いてた本人の感じと大分違うな…」という方も居て、色々考え頑張ってメールをしても散々な結果に終わることもありました。

やはりメールからのやり取りでは良い相手を探すのも限界かと思い始めたある日に、とある男性の方から一通のメールが来て、これで最後にしようと思いながらメールのやり取りをして、会ってみて…今ではその人が旦那です。

色々苦労しましたが、人生のパートナーをこうして見つけることができ良かったです。

結婚相談で一番苦労した事

結婚相談所のお見合いパーティに行った時に気に入った人の番号を記入して帰りにパーティの人たち数人とと仲人さんと私でお茶を飲みにいこうと仲人さんの提案でいきました。仲人さんは私の知り合いの人です。

お茶を飲みおわりその中の男性がわたしに番号を聞いてきたので教えました。私は仲人さんが知り合いだから行ったのでルールとか知らないので、聞かれたから教えただけでしたがその人は番号に書いた人ではなく相手も書いたのは私ではなかったみたいです。

知り合いの仲人さんは私にはなにも注意などはしませんでしたが、彼のほうには注意をして彼は私を気に入ったから会ってもいいかその仲人さんに聞いたけれどわたしの事をうんともすんとも言わない仲人さん彼女の態度に彼からLINEで私がどんな人なのかいろいろ聞かれどうして、知り合いの仲人さんが私のことを教えてくれないのかが不信だといわれ、すごく疑われ長文のLINEをもらいそれでも私はこんな人もいるんだなと思っており、彼からはお見合いの番号をかいた女性にルール通りあってから最後に貴方に会いたいから待っててほしいと言われ、わたしも番号をかいた人に会わないと罰金10000円だと言われとりあえずお会いしましたが、その仲人の彼女が私の番号を書いた男性に何を話したかわかりませんがお会いしてお話をしている中で番号を書いていない人に電話番号を教えるのはルール違反だと言われ、彼は自分はルールを守りますなど語っていました。

私はここのお見合い相談所は会員の男性と彼女が仲良くして彼女が私を相談所に入会する様に仕向けているのかな?とも疑いました。その後電話番号を聞いてきた彼から会いたいと連絡がきて食事をしなが話をして次の日にまたLINEがきて気がかわりました。僕はパーティであった気にいった女の子と2016年結婚します、貴方も仲人さんの相談所に入会されてくださいという内容のLINEをもらいました。

彼女は知り合いですからどういう方針でパーティを開いているか?また彼女から聞いたのですが、相談所の相談者の男の人が女の子の体不信な男性の相手、枕営業もしたと話しました。私はその時一番困りました。私には少し結婚相談所について不信感があるかもしれないです。

ノッツェで出会い結婚しました

私は「ノッツェ」を利用して、運命と思える人に出会い結婚しました。まずはインターネットで会員登録をしてサイト内のメッセージのやりとりからはじまり、途中電話でスタッフのサポートなどを受けながら、お見合い会場で実際に会うという形で利用しました。実際に会ったのは2人で、はじめは2人の方と同時にメッセージのやりとりをしていました。

1人目はすぐに会い、お見合いの後ドライブまでしましたが、なんとなく話が合わず、お断りしました。その後2人目の方はすぐには会わず、しばらく1ヶ月ほど、サイト内でのメッセージのやりとりを続けて、お互いのことをよく知りあったころに実際に会いました。職業が同じだったこと、育った環境や家族構成、学歴、趣味や好みなど、かなり一致することが多く、運命と思える出会いが出来ました。そのまま出会って半年でプロポーズを受け、婚約し、1年で結婚しました。今では可愛い子供にも恵まれて、大きい喧嘩もすることなく、毎日とても幸せに暮らしています。

お互いが結婚を意識していたこと、自分の好みの条件がかなり一致したこと、これは自然な出会いではなかなか難しいと思うので、ノッツェを利用したことは本当に良かったと思っています。

結婚相談所の無料相談に行きました。

“結婚相談所の無理カウンセリングにいきました。私は離婚しておりそろそれ結婚相手は探してみたいから登録はしてもいいかな?と思っていましたが、その時は行政書士の資格取得を目指しており、あまり婚活ができないけれど入会は考えているが今は少し試験前で試験が終わってから入会を考えていると相談しましたら、女性のアドバイザーが言われたのはそうやって勉強をするから、離婚の原因になり今婚活をしなくてはならないのではないでしょうか?

離婚の原因は貴方にあり、すぐに入会せずそうやって何も努力せずに時間だけ費やし勉強に逃げていれば、結婚はできません。入会して勉強はやめるべきで今やられている行政書士だってそんな曖昧では合格できませんよ。

と言われました、私は本気で勉強をしておりましたからそのあと11月に行政書士は合格しました。曖昧だとか、資格がとれないとか、結婚相手が見つからないとか言われたくて相談に行ったわけではありません。

貴重な勉強の時間をさきやっとの思いで相談にはいきました。のでその結婚相談所には二度と行きたくはないです。今は司法書士の勉強を本気でしております。年齢も42歳ですし、資格も結婚もそんなに時間がありません。少し前にゼクシィに登録をして、パーティにいきましたが

仕事は行政書士をしている事を話したら男性の一部の方になんで行政書士がちゃらちゃら高いアクセサリーつけてくるんですか?と言われました。30人の中にそういう態度をされた男性が2人おりました。とても嫌でした。私は今結婚相手は探したいですが、嘘やごまかして相手を探したくはないので出来ればちゃんと理解してくれる人と出会いたいと思います。

べつに勉強が好きでしている訳ではありません、二度失敗をしたくはないので自分で家庭を助けれるくらいに収入をあげて旦那さんを金銭的にも助けたい、それから離婚にはいろんな理由がありますからちゃんと法律面からアドバイスできる相談者になり、あと残り人生を人の役にたちたいから法律を勉強しております。

結婚相談所にもう少しどんな考えなのか分かってもらえたら嬉しいといつも思いなかなか登録には進めずにおります。もう少しプライベートでどんな事をしておりそれを考えて話しをアドバイザーの人にして頂ければ嫌な思いをせずに時間を過ごせます。又、私も結婚相談所の事を理解するために仲人協会からDVDを購入して多少ですが勉強もしました。

仲人さんもお話しをされる時に、お見合いとパーティが違う事をあたりまえに言われた事がありわからない私は困りましたから、勉強して理解しました。

結婚相談所に登録されている中に司法書士の方がおられませんでした。行政書士もいませんでした、少しだけ考えました。もしかしたら、結婚相談所で相手を探すのは法律的にかなりなリスクが伴うのかもしれないと。それならばそういうリスクをきちんと説明してほしいです。それを見越してでも結婚相談所に登録できたらもっと信頼でき、もっと利用できるとおもいます。ゼクシィのお見合いパーティは面白い企画でしたが嫌な思いもしました。モラルのない人の中傷はとても傷つきました。”

結婚相談所利用を利用してみて

私が結婚相談所を利用して思ったのは、結婚相談所というところは、やはり男尊女卑であるところが多いといったことです。

私は当時会社経営をしていたの1500万円ほどの年収があったのですが、結婚相談所の中年の優しそうな女性は「年収は300万円」ぐらいだと答えて欲しいと言われました。

お見合いがスタートが嘘で始まりました。紹介料を何十万かお持ちして、私の上半身の写真を撮って、中年女性が言いました。

登録はこれでお終い。

「貴女にピッタリの人がいるからご連絡しますから、ゆっくり楽しみに待っていてくださいね」と言われて、紹介されたら会ってみようという気持ちになっていました。

自宅に帰って母に色々相談している時に、早速、結婚相談所から電話がありました。相手はお医者さんでした。

私より10歳ぐらい年上の男性でした。お医者様にしては、格好のつけすぎの部分があり、彼と話していても結婚の話しや、どうして結婚相談所に登録したのかといった話もなく、最後には私の方が、この医者、サクラだったのではないかと今でも疑っています。

最初は見かけが良く、職業は医者、なかなか顔も悪くはない。でもやはりこれから結婚したいから結婚紹介所に来たのでしょ?と言いたくなるぐらい、私から見ると、まだ何かをふっきってないものを持っていたことは確かだったと思いました。

医者を一番に持ってくると、結婚相談所のために、はくがつくとか、信用がつくとでもおもったのでしょうか。

なんだかしかけられたか最初に大物を持って来ておいて、お見合いの人を重ねていけば、お金持ちのバツイチのおじ様ばかりでした。

 

私が結婚相談所選びで最も苦労したこと

私が結婚相談所選びで最も苦労したことは、会社経営をしていて、マスコミにも顔がでることがあったので、地方でテレビで私を見たことがある人は、きっとイロメガネでみられるだろうなあという不安がありました。

大きくて結婚相談所を選ぶべきか、そして結婚相談所では、当時、すごく入会金が高かったと思います。どんなビジョンを持って結婚相談所をしているのかということを私はとても知りたかったので、結婚相談所およそ5?6社ぐらい歩いて見てみました。

最初は地場で硬い経営をなさっていらっしゃった大進にするか、当時、東京エビスにあったJALのパイロットさんの結婚相談所にするか悩みました。

当時は30歳を過ぎると結婚相談所の方のコーディネートの態度も、さり気なく、もう私の年齢が若ければいい人がいたのにといった言葉が飛び出したりした時、私は、悲しくなりました。そこで私の気持ちが変わったのです。私のことを知ろうとしてくれて、一生懸命に結婚に至るように頑張ってくれる人いる所がいいと思いました。

お見合い相手の人柄や仕事も大切だけれども、それより誠実で温かな心を持っている男性、私のことを守ってくれる男性を紹介してくれる結婚相談所のコーディネートが嘘をつかないか、一生に一度の結婚をこの人、この会社に預けられる結婚相談所にしました。

婚活サービスがあふれる時代、選ぶのが大変!

27歳で彼氏に振られたのがきっかけで、婚活をはじめました。

ところが、困ったことに世の中には婚活サービスがあふれていて、選択肢が多すぎる。

どれから手をつけていいのやら、さっぱりわかりませんでした。

やっぱり無料のものから?と、まずは試すつもりで女性無料のパーティなどにも参加してみました。

ところがこれがかなり厳しい。相手の男性に非があるというよりは自分の心理的な問題なのです。

婚活は、何のつながりもない赤の他人と出会う場です。

そうなると「タダほど高いものはないんじゃないか?」と疑心暗鬼に襲われます。

善良かもしれない男性たちを「何か裏があるんじゃないか」とか思ってしまうわけです。

まったく、向こうも真剣かもしれないのに、失礼な話です。

アプリなども試してみたけど、これもこれでリスキー。

男性側もあまり課金されていない分、手軽なのです。

手軽なのは良いことですが、真剣に婚活をしていない人、要は遊び目的の人に当たる確率が高くなります。

何人か会っては見たものの、自分自身の警戒心がとけず、脱落。

そうするといよいよ残された手段が「結婚相談所」でした。

高い入会金。厳しい書類チェック。本当に結婚したい人しかいないはずの場所。

ただ、それは一方で「そうまでしないと結婚できない人」の吹き溜まりなのではないかという

不安感がありました。もちろん自分含め、です。

いくつか結婚相談所へ、直接行って話を聞いてみました。

「あなたに合う人がデータ上だと◯◯人います」

「若くてかわいらしいからすぐ見つかりますよ」

「素敵な男性会員も沢山いますよ」

勇気づける言葉が飛んできますが、そりゃあそうだよね、入会させたいもんね、と斜めに見てしまう自分がいます。

(入会金が高い分、より斜めに見てしまいます。)

後は、結婚相談所というシステム自体がはじめてなので、一つ一つ説明を受けないと、どういうプランでどこまでが保証されているのかが全くわからない。就職活動と同じで、企業説明会に参加するような感覚です。

とはいえ、もう婚活を始めた時点でお金を払うことはある程度腹が決まっている。

「本当にこれで出会えるの?」

その気持ちだけが迷わせるのです。

ただ、純粋に確率を測ることはできます。

・毎月何人紹介されるか

・相談所主催の大人数パーティがあるか

・担当者によるケアはあるか

・登録者の年齢層は?

・登録者数は?

同じ料金で、紹介される人数も、登録者数も多い相談所があれば、もちろん確率的にそちらにした方が良いです。

ただ、どの相談所も同じプランを提供しているわけではないので、フラットに並べて出会える確率や、費用対効果を比較するのが難しい。そのための情報収集が大変でした。

結局私は、最後2社ほどにしぼりこみ、従兄弟が婚活に成功したという大手の結婚相談所に登録して、活動することになりました。

結果としては、そこに決めてよかったと思っています。

他の結婚相談所にも言えることかもしれませんが、やはり高い入会金を払って登録している方たちなので、皆真剣です。

遊ばれたり、無駄な時間を過ごすことは一切ありません。ダメな時はダメ、お互い相手の時間を奪わず、ずるずると引き延ばすようなことはありません。

変な人ばかりなのでは、という危惧も杞憂でした。

本当に周囲に女性がいないとか、少し奥手で合コンなどは苦手、というような理由で登録している方がほとんどでした。

案ずるより産むやすし、で婚活に関してははじめてみないとわからないことが沢山あると実感しました。

かなり骨が折れますが情報収集をきちんとして、納得して入会することがとにかく大切だと思います。

30代40代婚活

私は以前30代の時に大手の婚活サイトに無料登録をしました。

無料と言う手軽さと興味本位からの登録でした。実際に大手婚活サイトのお話を聞いてみると意外にお高いと言うのが本音でした。こんなに大金をかけてするものなのか?と感じそれ以上の会員登録はしませんでした。その時には会員の男性の顔写真、年齢、職業、大体の年収等をまとめた1名づつのプロフィールも見せていただく事も出来ました。会員登録せずにいると何度も勧誘の電話が1年以上もかかってきて、興味本位での登録を後悔しました。担当者の話では一番需要が多いのが女性は30代だそうです。勧誘の電話があった時にこの様な男性がいらっしゃいますがプロフィールだけでも拝見しませんか?と言われましたがあきらかにその男性が私の職場の人間ではないかと分かってしまうようなお話しで田舎では知られたくない事も自分の意志とは違う所で知られる事になり得ないと感じました。

そして数年がたって婚活パーティーを催しているサイトに40代になって登録をしてみました。ここの婚活パーティーは毎月1回程度開かれていて出席の度に会費を払うものです。

女性は45歳が上限で会費をお支払いする時に身分証での年齢確認があります。女性が少ないと女性の会費は無料で招待されます。

昔のネルトンパーティーの様な形式で行われる形のものです。友達どうして来ている人も多く、半分冷やかしで参加している方もいたりと、お金を払ってまで参加する様な物では無いなと感じ以後参加していません。